efoの必要性

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

入力のフォームを改善efoで改善することは基本的に入力のフォームを改善することです。入力フォームが長いとユーザーに敬遠されてしまうことが多くなりますので、入力事項は極力単純なものにするといいでしょう。例えばメールアドレスを2回入力するような場合には、ユーザーが入力を途中でギブアップしやすくなってしまいますので注意が必要です。また、一旦入力した情報がリセットされてしまう機能があるとこれもユーザーが途中でギブアップしてしまうことになりますので、改善したほうがいいでしょう。また、何を入力すればいいのかをはっきりと明示しておく方がユーザーにとって便利なものとなります。さらには、入力の項目について不明の点がある場合には適当なアシスト機能がついていると利便性が高まります。その他、入力者の気持ちが散漫になるような余計な情報はできるだけ排除することが肝要です。

自分の会社のefoについては、市販のefoツールを使って自分で改善していくことも可能ですが、専門の業者に依頼することもできます。専門の業者の場合にはこれまでの経験をもとに依頼者の会社の入力フォームを検討して、最適な改善法についての提案をフィードバックしてくれることになります。それをもとに最適な入力フォームに改善していくことが可能になります。