efoの工夫

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

efoの工夫として注目されているのが、フィードバックシステムと自動修正機能です。例えばユーザーが入力ミスをした時にそれをその場で教えてくれるというシステムは入力の利便性を高める方法として注目されています。また、このように入力すると良いというサジェスト機能があった方がユーザーにとって便利な物になります。更には、あと何を入力すればいいのかということを提示してくれる方が、機能的に入力を進めていくことができるようになるので便利です。コンピューターを使って入力をする時に半角と全角が混同してしまって、上手く入力できないようなこともあります。

efoこれを解消するために、自動的に全角を半角に変換してしまう機能があると非常に便利なものであるといえます。また、郵便番号を入力すると自動的に住所が入力されるようになっていると非常に便利ですので、efoによって採用されることも多くなっています。これからも多くの工夫が見いだされて導入されるようになることが予想されます。

また、efoサービスを行っている企業に診断をいらいすれば、現在使っている自分の会社の入力フォームの改善を行うことも可能になってきます。それによって、大きな販売力のアップにつながってくることも多いに期待されます。

≪関連HP≫エフトラEFO

efoの必要性

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

入力のフォームを改善efoで改善することは基本的に入力のフォームを改善することです。入力フォームが長いとユーザーに敬遠されてしまうことが多くなりますので、入力事項は極力単純なものにするといいでしょう。例えばメールアドレスを2回入力するような場合には、ユーザーが入力を途中でギブアップしやすくなってしまいますので注意が必要です。また、一旦入力した情報がリセットされてしまう機能があるとこれもユーザーが途中でギブアップしてしまうことになりますので、改善したほうがいいでしょう。また、何を入力すればいいのかをはっきりと明示しておく方がユーザーにとって便利なものとなります。さらには、入力の項目について不明の点がある場合には適当なアシスト機能がついていると利便性が高まります。その他、入力者の気持ちが散漫になるような余計な情報はできるだけ排除することが肝要です。

自分の会社のefoについては、市販のefoツールを使って自分で改善していくことも可能ですが、専門の業者に依頼することもできます。専門の業者の場合にはこれまでの経験をもとに依頼者の会社の入力フォームを検討して、最適な改善法についての提案をフィードバックしてくれることになります。それをもとに最適な入力フォームに改善していくことが可能になります。

efoの魅力

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

費用効果efoの魅力は費用対効果にあると言われています。一般に商品などの購入を促進するには広告などのキャンペーンを展開していきます。広告を出すことによって確かに商品が売れるようにはなりますが、広告費用が必要になります。一方でefoの場合には広告費用のように高額な費用が必要ありませんので、大きな費用対効果が期待できるようになります。広告を見て商品を買いたいと思ったとしても、入力フォームが使いにくいとお客が途中で入力を諦めてしまって結果として商品の購入に至らないということも出てきてしまいます。ですから、入力フォームの整備の方が商品を確実に販売を伸ばす頃になります、しかもそれほど高額の費用は必要ないということでefoは注目を集めるようになってきています。したがって、大きな利益につながっていくことになります。

入力フォームの客観的な見直しを常に行うことによって、ユーザーの立場に立った改善を行うことが可能になります。ユーザーのストレス解消こそが購買力の増加につながるストレス解消の方法を客観的に検討する作業がefoの魅力となっています。ちょっとした工夫で大きな購買力のアップを期待できるようになる点がefoの最大の魅力ということになっています。

efoの意味

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

efoefoというのは、Entry Form Optimizationの頭文字をとった略号です。ネット上などでユーザーの方に何らかの情報を入力してもらう時に、その効率化をすることをいいます。入力フォームの最適化ともいわれています。どのようにすれば効率化が測れるのだろうかということがあるかと思いますが、具体的にはユーザーの手間をいかに減らすことができるかという点にあります。ストレスを軽減して、多くの人が簡単に入力をできる環境としていくことを意味しています。結果として、商品などに対する問い合わせと購入がふえることになります。ネット通販で商品の購買力を上げる方法としてそのためにしばしばefoの手法がとられています。入力箇所を極力少なくすることがしばしば用いられています。さらには、住所などは自動的に入力できる機能を導入してみてもいいでしょう。

また、入力者がミスをしているような場合にはリアルタイムでそれを指摘するようなシステムであると入力者に歓迎されることになります。さらには、どのように入力すればいいのかを示唆してくれる機能がついていると入力をしてくれる人の数を増やすことができるようになるはずです。

入力しやすさを上げるということが最良の方法ではありますが、他にもイライラを与えてしまうような要素を極力なくすことも重要な方法になります。また、入力者が気が散ってしまうような余計な情報は極力なくしてしまって入力に集中できる環境を作っていくことも必要です。